大阪国保連合会 糖尿病性腎症重症化予防事業 研修会 「糖尿病性腎症重症化予防を目的とした行動変容につなげる食事療法の実際」


大阪国保連合会 糖尿病重症化予防事業の研修会には、約90名の保健師、管理栄養士が熱心に参加。1日目は7月7日、2日目は7月26日 の2日間の研修会で、私は2日目の午後の2時間を担当しました。

終了後のアンケートより96%の参加者から今後の実務に生かせるとの回答がありました。

【講演Ⅴ】(ご意見等) ・内容は理解できたか ・糖尿病腎症重症化予防についての食事療法最新情報が学べることができた。 ・カーボカウントの説明を講演でしかりと聞いたのが初めてだったので、自己流の解釈の誤解がと けて良かった。 ・自分の知識や能力の向上に役立ったか ・今後の実務にいかせるか ・たくさん気付かされました!カロリーよりカーボをみるということは目からうろこでした! ・今までカロリーにばかり目がいっていて、炭水化物は控えめぐらいでしか思っていなかった ので、とても勉強になった。 ・DM の保健指導ではもどかしかったり、くやしかったりする思いが強い。まずは自分自身の質問 の仕方、気づきがあるような指導内容に変えないといけないとあらためて考えさせられました。 ・カーボカウントの考え方は初めてでした。活用したいです。塩分制限の重要性を改めて感じ ました。 ・市民の方にもグラフを使って説明してみようと思う。HP から引用できるものについて教え てもらってよかった。


最新記事

アーカイブ